実は仮面ライダーの脇役出身の人気俳優ランキングトップ5!

4位:唐沢寿明

唐沢寿明もデビュー間もない頃に、『仮面ライダーシリーズ』や『スーパー戦隊シリーズ』の脇役やスーツアクターとして出演していた。特に1984年に放送されたテレビスペシャル『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』では、ライダーマンを演じている。

「30メートルから飛び降りて3万円、全身燃えるのでも3万円。骨折や捻挫は日常茶飯事」とインタビューで答えており、ギャラは高額だが過酷な現場だった。

その後、スーツアクターを描いた映画『イン・ザ・ヒーロー』で主演を務めている。この映画では「スーツアクターのリアルな生き様を魅せたい」と肉体改造を行い、激しいアクションに挑んだ。

今でも、特撮番組は嫌いではないようで、親友である及川光博が、映画で仮面ライダー3号を演じると知り「 何だよ! スケジュールの都合が合ったら出たのに! ライダーマン役で!」」と答えている。