イケメンだけど目が死んでる芸能人トップ5!

3位:染谷将太

ドラマ「みんな!エスパーだよ!」や、映画「寄生獣」などで大活躍の染谷将太。

死んだ目で、むしろ強く何かを訴えてくる迫力を感じさせるという逆説的なイリュージョンを体現している。

3位からは、単に「目が死んでいる」だけではなく、「目が死んでいるにもかかわらず、ある種の攻撃性すら帯びている」という、さらに多角的、多面的な「死んだ目」をランクインさせた。

その「死にっぷり」を俳優・小栗旬も絶賛。

「たぶん染谷(将太)くんもそうだと思うんだけど、本当に死んだ目ができる人たちなんです。『未来への期待なんか何もない』っていう根本があるから、熱のない芝居ができるんですよね。それって、僕らにはできないんですよ。どうしても目に熱が入ってしまうから、生きた目になってしまう。キャスティングは適材適所なので、生きた目の役に俺らが呼ばれればいいだけの話なんですけど、俺らもやっぱり死んだ目の役を演じたい気持ちはある」

『クイック・ジャパン』vol.115(2014年8月11日発売/太田出版)より引用。