対象外から恋愛対象になるために知っておきたい特徴5選!

 

カップル

好きな人に振り向いてもらうために・・

好きな人ができても、恋愛対象外に見られていては望みは薄い。好きな相手と付き合うためには、なんとかして対象外の位置から、恋愛対象に見てもらえるようにするしかない。

今回は、そんな対象外から意中の相手に振り向いてもらうための知っておきたい特徴をランキング形式で紹介してく。これを踏まえてアプローチしていけば、必ず相手も振り向いてくれるだろう。

【みんなに読まれてます】

5位:男女は本能的に違う生き物と理解する
脳内

男性と女性では、恋愛観やお互いが異性に求めることは違ってくることは当たり前だ。恋愛において、もし相手の恋愛対象外に居る状態から、対象内に入りたいのであれば、その本能的な根本的な違いを理解する必要がある。

男性の恋愛対象になりたいのであれば、まずは男性の心理を理解する必要がある。色気のある脈ありサイン等がなければ、男性にとっては仲の良い女友達から脱することは難しい。恋愛対象外になることの方がほとんどだ。

そんな男性の恋愛対象にあるには、常に女を磨き、肉食系・草食系問わずその男性が興味を抱くようにアピールをし続けるしかないのである。また、女性の恋愛対象になりたいのであれば、女性の心理を理解しなければならない。

女性の好みは千差万別で、細かいカテゴリーに分けられる。そして、大きな特徴として、相手の雰囲気で好きか嫌いかが変化しやすいというものがある。

服装がボロボロだとダサいと切り捨てるが、身だしなみを整えているだけで好印象をもたれることがあるのはこのためである。つまり男性の容姿はそれほど重要ではなく、細かな身だしなみや気配りができており、全体的な雰囲気が良ければ恋愛対象になることは可能なのだ。

4位:まずは意中の人の恋愛対象内に入ることが重要
グッド

女性は男性に、男性は女性に対し、まずは恋愛対象になることを心がけて行動しなければならない。ひたすら、付き合えることを夢見ているだけでは、相手は決して振り向いてはくれないのだ。

女性が男性の恋愛対象に入りたいのであれば、男の保護欲求や支配欲求をいう本能を刺激したり、もちろん体型・スタイル等も好みのものに近づけるなどの努力をし、アピールする必要がある。

また男性が女性の恋愛対象に入りたいのであれば、がっつくことも必要なのだ。これは下心のことではなく、積極的に関わろうとすることだ。また、女性は特別扱いを好む面も多い。あなただけの為にできることをと誠実に、積極的にアプローチする男性は対象になりやすくなる。

3位:男女で対象基準が違うことを知っておくこと

キャンドル

男性は女性に対し、女性は男性に対して恋愛対象だと思う基準が大きく違う。男性は電子レンジ型と言われ、恋愛感情が一瞬でピークにまで盛り上がることが特徴的だ。

視覚情報で女性を対象かどうか判断し、もし対象内であればその日のうちに一晩ベッドで一緒に過ごしたいと思う傾向にある。心理的にも実証されており、友達のようにフレンドリーな関係の女性に挨拶をされるよりも、たった一度の告白や体のつながりの方が好きな気持ちが高まると言われているのだ。

それに対して、女性の対象基準は、オーブン型と言われている。初対面の男性には、一目ぼれでもしない限り興味はほとんどない。じっくり時間をかけて恋愛感情を育む傾向になるのだ。そして、長期的に付き合うにつれて、最終的には男性の好きという感情以上に盛り上がるケース多い。女性の好意の気持ちは量や数のアプローチにより、変化すると言われている。

多々一度の「好き」よりも、こまめに連絡をくれるだけの男性方が行為は増加しやすいのだ。こまめに連絡をしてくれる男性が持てるのはこのことがあるからだろう。男女両方の細かな基準を知り、アプローチの方法を変えていけば、より最短で強く好意をもってもらえるだろう。

2位:男性は好みのタイプなら恋愛対象に入れる
好みのタイプ

男性の恋愛対象については、性格やスタイルが好みのタイプであれば、対象に入れる。男性は見た目から入る傾向にあり、出会ったその一瞬で対象かどうかを判断するという単純な生き物だ。だからこそ、好みのタイプに入っていれば男性側から願ったり叶ったりなのだ。

1
2
3
4
5