低視聴率女王のレッテルを張られた女優トップ5!

3位:剛力彩芽の出演したドラマは低視聴率?

女優・剛力彩芽の出演ドラマ

2011年「大切なことはすべて君が教えてくれた」で平均視聴率11.46%、同年「アスコーマーチ~明日香工業高校物語~」で平均視聴率5.96%、
2011年には、「恋する日本語」、「遠い日のゆくえ」、「IS(アイエス) ~男でも女でもない性~」、「私が恋愛できない理由」と立て続けにドラマに出演している。

女優・剛力彩芽はこの年、立て続けにドラマに出演しているとはいえ、「アスコーマーチ~明日香工業高校物語~」で平均視聴率5.96%は低い。

女優・剛力彩芽が出演した、2012年「ティーンコート」 7話平均3.36%、深夜枠のドラマのため、この低い視聴率もありかもしれないが、
同年「Wの悲劇」平均視聴率9.09% 、「ビギナーズ!」平均視聴率7.30%、「未来日記-ANOTHER:WORLD-」平均視聴率6.58%と一桁台の低い状態が続く。

2013年主演ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」平均視聴率11.40%、「クロコーチ」9.61%と低い。
「クロコーチ」は主演ではないが。。。

2014年「私の嫌いな探偵」平均視聴率6.84%「あすなろ三三七拍子」平均視聴率5.18%。

こうも一桁台が続くと、剛力彩芽は視聴率に低い女優のレッテルを張られてもおかしくない。

女優・剛力彩芽、2015年4月「天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-」に出演が決まっているため、真ん中の第3位とした。