辛いつわりを乗り越え出産した芸能人トップ5!

4位:高島彩

続いてご紹介するのは、元フジテレビのアナウンサーである高島彩。
入社3年目で「めざましテレビ」の司会に抜擢され、”好きな女子アナランキング”で5連覇を達成して殿堂入りしたほどの人気アナウンサーである。

そんな高島彩は2011年にゆずの北川悠仁と結婚し、2014年2月に第一子となる女の子を出産。
また、現在第二子を妊娠中であると発表している。

さて、そんな順風満帆に見える高島彩だが、実は結婚してから出産に至るまで壮絶な経験をしているようである。

結婚から半年後に妊娠4ヶ月で子宮内胎児死亡、そしてその後、科学的流産を経験したと自身のエッセイで告白している。

そんな中、2014年に無事に出産を迎えたのだが、妊娠中はつわりが酷く、体重が激減してしまったのだとか。
また、切迫早産の可能性もあり、情緒不安定になってしまったようである。
こうして考えると、妊娠・出産は当たり前のように感じていたが、無事に生まれてくることは”奇跡”だという事を再確認させられる。