浮気も?武藤静香の旦那、松田周のあなたが知らない事6選

【Rady】社長:武藤静香の旦那は松田周という人物

みなさんは武藤静香という人物を、ご存知だろうか。武藤静香はアパレルブランドRadyの社長兼プロデューサーだ。Radyは若い子から絶大の支持得ているアパレルブランド。

決してシンプルなデザインではないが、今までになかったような斬新なデザインのもあり、大人気のブランドとなった。アパレルブランドといっても服だけではなく、カーテンやトレイマットなど幅広い商品を取り扱っている。

1児のママだからこそわかる家庭的な目線での販売も行っているのだ。今回注目するのは武藤静香ではなく、その旦那である松田周という人物。

数年前まであまり知られていなかったが、Radyが急成長を遂げるにつれて注目されていった。注目されたのは武藤静香の旦那という観点からだったが、実は松田周はすごい人だった。そんな松田周のみんなが知らないことをいくつか紹介しよう。

【みんなに読まれてます】

松田周のあなたの知らないこと①交際期間8年で結婚

武藤静香18歳、松田周21歳で2人は交際をスタートする。松田周は武藤静香の結婚して!というアプローチを何度も断っていたそうだ。多いときは一週間に何万回も結婚して!とアプローチを受けたことも。

なぜ断り続けたのか、真相は分からないままだが、武藤静香は8年間付き合っていて一度も名前で呼ばれたことはなかったとインタビューで語っていた。

どうやら松田周はドがつくSなのかもしれない・・そして約8年交際をし、めでたく2013年に結婚。2015年9月に妊娠を発表し、2016年1月に男の子を出産し、武藤静香もママに。出産については鬼鬼super安産だったと語ってた。今ではママとしての顔もインスタグラムで見るようになった。

武藤静香がRadyを立ち上げきっかけとなったのが松田周と付き合っている時に「かわいいルームウェアをきて待っていたら彼が早く帰ってきてくれるかな?」と思ったのがきっかけだったそう。そのため今でもRadyはルームウェアメインで販売を行っている。

2人はお互いまだ駆け出しの頃からの付き合い。辛い時期も共に経験してきている。絆は深いのだろう。

松田周のあなたの知らないこと②元スカウトマンでホスト

松田周は元スカウトマンだったという噂がある。すでに武藤静香と付き合っていた頃、自身のアパレルブランドを設立したいと考えていた。そこで武藤静香は松田周にお金の援助を頼んだら2千万支援してくれたそうだ。

しかし2千万がどこからでてきたのか?という疑問が生まれてくる。おそらく元スカウトマンの時代に稼いだお金なのだろう。スカウトはあくまで歩合制だからかなり儲けていたに違いない。

さらに元ホストという噂もある。それであればこの若さで稼いでいるのも不思議ではない。松田周は水商売をやっていたという噂までもでているほど。

どれが真実か分からないが、若くして上京し、親の援助がここまであったとは思えない。夜の仕事をやっていた事に関しては嘘ではないかもしれない。

松田周のあなたの知らないこと③Rady 経営者

Radyの社長は武藤静香だがそれを束ねる経営者をご存知だろうか。なんと経営者は松田周になる。

ややこしいのだが、Radyは松田周の展開するSMbrandというアパレルブランドの一つで、Radyの他にも小物雑貨のブランドなども展開している。

2007年創業で8年目で売り上げ100億円突破した。SMbrandは「買った後に後悔させない。」が全体のコンセプトとして掲げている。松田周が経営者となると、Radyは武藤静香だけではなく2人で成長させたブランドといえるだろう。

松田周は2千万支援する際に、将来性があったから支援したと言っていた。そう簡単に支援できる金額ではない。もうこの時から敏腕経営者の直感が働いていたかもしれない。

松田周のあなたの知らないこと④ 沖縄

kazuさん(@yk777_kazu)がシェアした投稿

意外と知られていないのだが、松田周の出身は沖縄県。19歳のころ上京をして23歳でブランドを起業している。若くて起業をしている人の話しを受けたのがきっかけとインタビューで言っていたが、起業したときは人のご縁も経験も一切なかったというからおどろきだ。

その思い切った行動があったからこそ今がある。このことが自身の故郷である沖縄県の琉球新聞の元旦の号に、裸一貫で上京と題して経営者、松田周が大きく掲載されたのだ。

昔はダサいと思っていた沖縄県。今では沖縄県の魅力に気づき月一で帰省しているそう。