ハーフだけど英語が話せないちょっと残念な芸能人トップ5!

2位:加藤ローサ、英語が話せない!

ハーフなのに英語が話せない、ちょっぴり残念な芸能人ランキング、次に紹介するのは読者の中にもファンが多いだろう、加藤ローサだ。

そのあどけないスマイルで一躍ブレイクした彼女、あまり知られていないようだが、実はイタリア人とのハーフである。

父親がイタリア人であり、彼女自身も6歳まで美景で知られるナポリに住んでいたという。

イタリアは英語圏ではない。

だから、彼女も英語を話すことはできないのだ。

「ハーフ=英語が話せる」というイメージは強いが、英語圏でない国の人の子どもとなった場合は、英語が話せない場合も、ふつうに多い。