オリンピック憲章に違反してメダルを剥奪された選手ワースト5!

3位:ナデジダ・オスタプチュク

ベルラーシの女子陸上砲丸投げの代表選手、ナデジダ・オスタプチュク。

ロンドンオリンピックの女子砲丸投げで、見事金メダルを勝ち取った。

だが、薬物違反で金メダル剥奪となった。今後のIOC主催大会からも排除になる。

ナデジダ・オスタプチュクが提出した尿のサンプルから、ドーピング違反が見つかったのだ。

検出された違反薬物は「メテノロン」。メテノロンはアナボリックステロイド(ステロイド剤の一種)である。

副作用もすごく、男性化や脱毛症、月経不順・高カルシウム血症等、身体に負担を強いる薬物だ。ドーピングの誘惑に負けたばかりに、せっかくの金メダルも剥奪になり、批判の雨に晒される。

勝利への渇望が、悪い方向に行ってしまったのだろう。

2位:ベン・ジョンソン

ジャマイカ出身・カナダ国籍のベン・ジョンソン(1961年12月30日生)。

ベン・ジョンソンの本名は、ベンジャミン・シンクレア・ベン・ジョンソン。男子陸上競技の短距離走選手である。

1987年には、世界新記録を叩きだし、一気に世界中の注目の的となった。だがその後、ソウルオリンピックのドーピング検査で陽性反応がでた。

当然だが、ソウルオリンピックでの世界新記録と金メダルは剥奪となった。その後、陸上競技大会への出場が認められたが、再びドーピング検査で陽性反応がでたのだ。

この事で、ベン・ジョンソンは事実上永久追放となった。そして、IOCのブラックリストにも登録された。

1位:マリオン・ジョーンズ

女子陸上競技で活躍していたマリオン・ジョーンズ(MARION JONES 1975年10月12日生)。

米国反ドーピング機構(USADA)は、マリオ・ジョーンズを薬物使用の疑いで調査した。

結果としては、2000年のシドニーオリンピックで取得した、5つのメダル剥奪・登録抹消となった。

のち、偽証罪等で実刑判決が下された。

実際に使っていたとされる薬物は、ステロイドホルモン剤、クリア(THG)を含む薬物など約5種の不正薬物を使用していたとされている。

クリア(THG)に関しては、2年間、コーチから「栄養補助のアマニ油」と偽られ、服用していたと、マリオン・ジョーンズ自らの手紙に記されている。