本当にかわいい女性ハーフ・タレントの芸能人ランキングトップ15!

6位:イギリスとのハーフ、ベッキー

ベッキーは1984年イギリス人の父と日本人の母の間に誕生、出身は神奈川県。タレント、女優、歌手として活躍中である。14歳の時に、モデルのオーディションがきっかけで芸能界入りする。

TVやCMなど芸能活動を続けながら2006年には亜細亜大学経営学部を4年間で卒業するなど、その後も真面目で頑張り屋のイメージがあった。

しかし、2016年1月のミュージシャンとの不倫騒動で10本のCMは契約打ち切りとなり活動休止。2016年5月にテレビ番組で復帰した。

ベッキーは清純で真面目なイメージがウリであったのに、不倫騒動はファンならずともいら切られた感があった。新しいベッキーとして今後の活躍に期待したい。

5位:アメリカとのハーフ、SHELLY

タレントのSHELLYは神奈川県横浜市出身。1984年アメリカ人の父と日本人の母の間に誕生した。海軍出身の父のしつけは厳しかったそうだ。2014年に結婚して現在は1児の母である

14歳の時、スカウトをきっかけにモデルデビューしたが、仕事のない時期にはアルバイトをして下積みも経験した。2008年頃からTVのレギュラー番組も徐々に増えていった。

SHELLYは「ヒルナンデス」、「今夜くらべてみました」などレギュラー番組も多く、“バラエティーの女王”として評価が高い。彼女の正直さや上品さが高感度の要因とも言われている。

米海軍出身の父のしつけは厳しかったそうだから、それも影響しているのかもしれない。バラエティー番組から知的な経済情報番まで、器用にこなすマルチタレントとしてSHELLYの今後の活躍が楽しみである。

4位:アメリカとのハーフ、黒木メイサ

ドラマ、映画、モデル、歌手として活躍を見せる黒木メイサは、1988年5月28日、日本人の母親とでブラジル系アメリカ人の父親との間に誕生した。

幼い頃ジャネット・ジャクソンに憧れていた黒木メイサは、沖縄アクターズスクールに通い、ダンス、演技などに磨きをかけた。

沖縄に出張していたスカウトの人に声をかけられた姉が、黒木メイサのプリクラをスカウトに見せたことから、黒木メイサは芸能界に入る事になった。

黒木メイサは女性ファッション雑誌・JJでモデルとして活躍した後、つかこうへい演出の舞台に主演し、その後舞台、ドラマ、映画などに出演した。

これらの芸能活動が認められゴールデン・アロー賞(2006年度)新人賞を受賞。

私生活では、2012年2月2日に元KAT-TUNの赤西仁と結婚し、現在は一児の母親になった。

黒木メイサの得意な料理はケーキ、菓子で家庭的な一面も持つ。