一度はTVから消えたが再ブレイクを果たした芸能人トップ5!

第3位:篠原涼子

第4位は篠原涼子である。

なんで!?と思われる方も多いと思うランクインだが、大女優である彼女にも不遇な時期はあったのである。

芸能界のデビューは90年に東京パフォーマンスドールのメンバーとして。

後にダウンタウンのごっつええ感じにレギュラー出演し、バラエティーアイドルとして人気を出す。

そして94年に発表された「愛しさと切なさと心強さ」が200万枚を超える大ヒット曲になり、篠原を代表する曲となるのである。

しかしその後はヒット曲に恵まれず、徐々にTVから姿を消していく。しかし歌手と並行して行っていた女優業が、その後の篠原に大きな転機をもたらすのだ。

2003年の放送されたドラマ「ぼくの魔法使い」でヒロイン役を務めると、その演技力が高く評価され以降は本格的に女優業へと転身。これが見事に成功し2004年には「アットホーム・ダッド」など2作品の主演を務める。

その後は毎年のようにドラマの主演を務め、彼女の出演した作品はどれも大人気ドラマになっていくのである。

今では不動の人気を誇る大女優だが、意外にも不遇な時代を乗り越えた苦労人でもあったのだ。