2015年世界の物価が安い国ランキングトップ5!

2位:インド

2015年の世界の物価が安い国のランキングの上位にインドの4都市(バンガロール、ムンバイ、チェンナイ、ニューデリー)が選ばれている。

インド物価の安さではアジア一!ディープな旅を経験したバックパッカーに人気がある。

住居、食事に安全や快適さを求めると、多少の予算が必要となるが、それでも物価は安い。

英語は通じるのも心強い、インド英語に慣れてきた頃には、インド人のメンタリティーにも慣れているだろう。

ただ、インドには他のアジアの国と異なる社会構造がある。表面上廃止になったが今も存在しているカースト制度だ。

また、最近インドではレイプ事件が問題になっている、2015年に日本人女性が被害にあう事件が数件起きた。女性の旅行、移住は要注意の国である。

ニューデリーに移住している日本人がいたり、南インドには欧米の長期滞在者も多い、インドに合う人と合わない人がいる。

個人の感性で好きか嫌いか、はっきり分かれる国がインドである。

インド入国には査証(ビザ)が必要