野球にサッカー!スポーツに関するかっこいい四字熟語トップ10!

3位:テニス!確固不抜

錦織圭の画像

テニス関連で多く使用されている四字熟語に確固不抜(かっこふばつ)がある。

意思や精神が強く、全く動じないという意味でテニスをする上で重要な意味を持っている。

実はこの確固不抜は、人気漫画「テニスの王子様」に登場する立海大付属中学校の部室にも掲げられていたのはご存知だろうか。

テニスは相手が放ったボールに瞬時に判断をして相手に打ち返さないといけない。

自分の意思や精神が強くなくてはそれらの判断を瞬時にすることはできないだろう。

錦織圭も意識しているはずだ。

2位:体育祭におすすめ!不撓不屈

体育祭の画像

体育祭に全員がスポーツに対して前向きになるために掲げたいのが不撓不屈(ふとうふくつ)だ。

強い意思を持ち、苦労や困難にも立ち向かいくじけないで行い取り組むことを不撓不屈という。
体育祭では学校中の児童や生徒が参加して行うことで、不撓不屈の意味を理解して執り行うことで、より良い素敵な思い出とともに結果にも結びつくことだろう。
楽しく、思い出深い体育祭を目指しているならばおすすめの四字熟語だ。

 1位:スローガンにも選ばれる!報恩謝徳

サッカーの挨拶の画像

様々な大会や学校での部活動や社会人クラブなどでスローガンに選ばれているのは報恩謝徳だ。

報恩謝徳は、受けた恩に対してその思いや行動に報いようとする感謝の気持ちを持つことだ。

スポーツをしていると勝敗にばかりこだわってしまいがちだが、あなたがスポーツに取り組み勝利を収めるためにはあなただけの力や頑張りだけでは到底無理なことは感じているだろう。

応援してくれている家族や友人、実際に指導してくれる先生など、もっと有名になり力のある選手ならば地域の声援やスポンサーといったところからも大きな力をいただいている。

あなたを応援してくれている人に恩を返す感謝の気持ちを持ってスポーツに取り組むことができたならば、これまでよりももっと大きな功績を残すことに繋がるはずだ。

報恩謝徳はこんなことを教えてくれる四字熟語なのだ。