魅力的な奥二重の美人芸能人トップ5!

3位:吉高由里子

2006年に映画「紀子の食卓」でデビューし、第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞し、華々しいデビューを飾った吉高由里子。
映画「蛇にピアス」ではバスト丸出しのヌードを披露する体当たり演技で、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。

透き通るような肌と涼しげな奥二重の目元、そして口角の上った唇が特徴で、クールな印象の愛され顔と評されている。
奔放な言動をする自由な性格も知られていて、憎めないキャラに憧れてメイクをまねる女性も多くいる。

2位:蒼井優

幼いころから地元のモデル事務所に所属していた蒼井優は、2001年に岩井俊二監督の映画「リリイ・シュシュのすべて」で映画初出演。その後、2002年に「三井のリハウス」の10代目リハウスガールに選ばれて活躍の場を広げていく。
2006年には「フラガール」などで演技を認められ、第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞など、輝かしい映画賞を数多く獲った。

作品によって印象がガラリと変わるミステリアスな雰囲気があり、妖精のような透明感があるのも魅力である。
どこか優しいイメージなのも奥二重が持つ印象によるもであろう。

1位:綾瀬はるか

2000年に、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞して芸能界デビューを果たした綾瀬はるか。
TBS系ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で2004年にヒロインに抜擢されて一気に注目を浴びた。

女性だけでなく男性からも人気は高く、オリコン調査の「恋人にしたい女性有名人ランキング」で、2009年、2011年、2014年、2015年と4度も1位にランキングされるほどのモテっぷりである。
その魅力は、ナチュラルな目元と透明感を感じさせるメイクである。キツくなりすぎない奥二重のおかげで、みんなに愛される”癒され顔”となっているのである。