壮絶で波乱万丈な人生を歩んでいる芸能人トップ5!

1位:壮絶な人生を歩んでいる若井おさむ

20代前半の頃、母親と兄からの家庭内暴力に耐え切れず、自宅を離れて居酒屋の経営を始める。
若井が家を離れたことで、母親と兄の暴力の矛先が父親に向けられ、その後父親が自殺。父親の遺産相続で母親ともめたくなかった若井は、その頃には繁盛していた父親名義の居酒屋を、泣く泣く手放す。

人生の全てに絶望した若井は、東南アジアへ旅に出る。それは自らの命を立つ場所を探し求める旅だった。旅を始めてしばらくたった時、たまたま知り合った日本人観光客から、ダウンタウンの松本人志がドラマに出ている」と耳にする。
当時、お笑い芸人がドラマで演じるのは珍しく、子どもの頃からダウンタウンの大ファンだった若井は、松本がドラマに出演しているわけがないと思ったが、自分の目で確かめるために帰国。そしてその時見た松本主演のドラマ「伝説の教師」の回では、松本が「自殺はするな」と説いていた。それに感銘を受けた若井は、お笑いの道に進むことを決意する。