焼酎ランキング!おすすめの人気銘柄トップ19!

3位:名前に負けぬその誇り高き鹿児島の味 芋焼酎「魔王」

内容量:1800ml 希望小売価格:3,240円

「天使を誘惑し、魔界へ最高の酒を調達する悪魔のもたらす特別な酒」から命名された逸品。

普段お酒を飲まない人でも、一度は耳にしたことがあるはずである。

3Mの一つであり、村尾、森伊蔵に引けを取らぬ逸品であり、誰もが「気が付くと空になっていた」というほど、飲みやすくすっきりした味わいの逸品である。

後味も柔らかく、甘みもあり、締めの一杯におすすめできる。残念なのはなかなか飲める機会がないという一点である。

2位:名門・二階堂酒造が生み出した麦焼酎「吉四六」

内容量:720ml 希望小売価格:1,841円

大分麦焼酎「二階堂」をベースに長期長蔵熟成させ作られた逸品である。

じっくりと熟成させ作られたため、特に香りが特徴的である。また飲み口、のど越しにおいても素晴らしいものである。

どの飲み方でも美味しく飲めるので、自分の好みにあった飲み方ができるのもよい点である。

非常に上品な逸品であり、すっきりとした味わいを、さっぱりとした肴と合わせるのが良いであろう。晩酌に常備してロックでいただきたい焼酎である。

1位:鹿児島が生んだムラサキマサリ 芋焼酎「赤霧島」

内容量:1800ml 希望小売価格:2,230円

やはり、第1位は赤霧島である。黒霧島を中心とした商品展開を行う霧島酒造が生み出した銘品。

幻の「ムラサキマサリ」を原料に作られた芋焼酎である。

販売元が理想を追求し続けて作り出した品と言われるだけあって、かつては、手に入れるために直接九州に出向く必要があった。

しかし、時代の変化とともに、現在はネット通販やコンビニで購入することができる。

しかし、それでも、入荷の数は限られており名前は知っているが、なかなかお目にかかれない逸品である。

ムラサキマサリ由来の香りやあまみを楽しむために、その香りや味わいを楽しめるロック・ストレートでの飲み方をおすすめする。

どの商品もこだわりぬいて作られた印象を受けた!!

紹介した商品は、どれも地元の品を使い何度も試行錯誤を行って作られた商品ばかりだ。

手軽に購入できるものから、予約しなければ購入できない幻の逸品まで、さまざまである。

また、いわゆる酒どころ以外の地方でも名品が生み出されているのも注目の点である。

ぜひ、近くの酒屋や物産展、ネット通販を使用してこれらの焼酎を口にしてほしいものだ!