同棲している恋人と別れるタイミングや切り出し方など別れる方法10選!

6位:同棲の相手に別れを告げる。切り出し方は不可抗力を言い訳に

同棲相手に別れを切り出すタイミングは一歩間違えれば、さらなるトラブルや、最悪精神的に病んでしまったりと、リスクもあるものだ。だからこそ、ここからは具体的な切りだし方やタイミングについて触れていく。

まずはタイミングをご紹介していく。最もいいのは不可効力を言い訳にすることだ。引越し時期を決め、そこを出ていかなければならないことが起こったことにすればいいのだ。

もちろん出ていく理由は、ただ待っているだけでは訪れない。自分から作る必要がある。ではどんな理由が良いのか。それは就職や転職、資格取得の勉強も良い理由だろう。

自分にとっての新たなスタートであり、働く場所が変ることだ。相手も何もそれに対しては言及しないはず。応援してくれるだろう。そのタイミングで同棲を解消し別れるのが相手も傷つけずに別れることができるだろう。

別れた後は仕事に慣れることや、新生活と大変なことも多いが、それは同棲を続けていたと思えば我慢できるだろう。

5位:別れ話を切り出す時には、友人にも同席してもらう

rukaさん(@rrruka1103)がシェアした投稿

ベストな切り出し方ができれば一番だろう。しかし、誰しもが使える手段ではないことは確かだ。どんな理由でもあいてから、疑われてしまえばさらにもめてしまったり険悪なムードのまま同棲を続けなければならなかったり、状況がさらに悪化するケースもある。

相手が感情的になって怒りやすいタイプであれば、話もろくにできないまま終わることもある。しっかりお互いに納得の上で同棲を終えるためには、冷静に話す必要がある。それを確実にするためには、第三者を挟んで切り出す方法もある。

共通の友人や親でも良いだろう。しかし、このときしっかりと二人の中立になってくれる人を選ぼう。どちらかの意見を鵜呑みにして話すだけでは、挟む意味がない。お互いの意見を聞いて、それぞれ冷静に伝えて判断しまとめてくれそうな人にしよう。

自分の身を守るためだけでなく、別れる相手が納得できるようにするためには良い切り出し方だろう。

4位:同棲相手との別れるタイミング。休日前に伝える

別れを切り出す時は、具体的に計画立てる必要がある。 無計画感情的に言っては、相手も不愉快になり険悪なムードのまま引っ越しまで暮らすなんてことになる。だからこそ伝えるタイミングも重要で、休日前がベストだろう。

自分が出ていく場合でも、相手に出ていってもらう場合でも、それなりの用意をして出ていく必要がある。翌日も仕事があるような日では、しばらく出ていくまでに時間もかかり用意もできない。

また、お互いに別れ話をした後も、一緒に居なければならない期間があると気まずいだろう。切り出した側も、切り出された側も、どんな顔をして一緒に居ればいいのか。もしかするとさらにストレスを感じてしまうかも知れない。タイミングには注意して伝えよう。