嘘か真実か?となりのトトロにまつわる都市伝説トップ10!

3位:猫バスの正体

猫バスの正体は、あの世へ人を運ぶものだという都市伝説だ。

メイがいなくなって、サツキはトトロに「メイのところに連れていって」とお願いする。

そこに猫バスがやって来て、メイのいる所まで運んでくれるのだが、この時すでにメイは死んでいたという都市伝説に合わせて考えると、死後の世界にいるメイの場所までサツキを連れていったことになるのだ。

サツキもそのままあの世へと運ばれていくと、最後の病院のシーンも辻褄が合ってくるのではないだろうか。

2位:エンドロールは回想しているもの

エンドロールまできちんと見ているだろうか。
みんな楽しそうに笑っているが、物語中よりもお父さん、お母さんが若く感じないだろうか。
エンドロールで流れているものは、この後ハッピーエンドを迎えてのものではなく、物語が始まる前の家族の姿を回想しているものだと言われているのだ。

1位:実際に起こった狭山事件をモデルに?

となりのトトロの舞台となった所沢市の隣に狭山市がある。

そこでは、実際に狭山事件と呼ばれる事件が起こった。

妹が失踪して、その姉は必死に探しまわったけれど、妹は残虐な姿で発見された。

妹の死体を発見した後、姉は「猫のお化けをみた」と言ったという記録が残っている。

この悲しい事件がとなりのトトロの裏設定ではないかと、都市伝説では語り注がれているのだ。