しゃくれている有名な芸能人トップ5!

3位:あごがしゃくれている篠原信一

ここにきて急にレベルが上がった気もするが、柔道男子銀メダリストの篠原信一氏が3位にランクイン。

偉大なスポーツ選手でもあるが、最近ではよくバラエティ番組などでも活躍している。

だが、一体なぜ柔道家である彼がお茶の間を和ませるバラエティ番組で受け入れられたのだろう? 確かに篠原氏はお茶目な性格でノリもよくジョークも上手い。だがその体格はというと、身長190cm越え、体重はなんと130kgを越える超大男である。

もちろん一流のスポーツ選手であるゆえ筋肉の鎧を身にまとうことは当然だが、大人はまだしも子供達の中には怖がる子も出てきそうだ。だが、実際問題としてそのようなことは一つもない。むしろ子供達にも大人気なのがこの篠原氏なのだ。

それは一体なぜだろうか? そう考えた時にたどり着くのはやはりそのしゃくれた顎である。 あの不思議で愛くるしい形の顎によって子供達も篠原氏に親しみを持てるのだろう。

だからいま篠原氏はバラエティ番組に引っ張りだことなっているのだ。

2位:あごがしゃくれている有田哲平

お笑い芸人くりぃむしちゅーの有田哲平が第2位となった。

もはやベテランの域から大御所の域に入りかかっているくりぃむしちゅー有田哲平だが、彼は芸能界でも屈指のモテ男として知られている。

最近ではモデルのローラとの熱愛が噂されたことでも記憶に新しい。

過去には某大人気女優や、美人アナウンサーとも熱愛報道が噂された有田。モテる理由はもちろん様々な要因があるだろうが、忘れてはいけないのがそのしゃくれだ。

彼を褒める女性芸能人が必ず使う言葉が「大人の色気」である。非常に抽象的な表現だが、恐らく彼の顎から何らかのフェロモンを感じていることは間違いない。

1位:あごがしゃくれているアントニオ猪木

ご存知、生ける伝説、燃える闘魂、アントニオ猪木氏が1位に輝いた。

もはやしゃくれの代名詞といっても過言ではないほど有名な猪木氏だが、彼がしゃくれているのには単純な理由がある。

というのも下顎の発達は基本的に身長に比例して発達するというのだ。確かに猪木氏の体は身長190cmと非常に大柄である。

また、スポーツをする上で歯を食いしばる行為はとても重要であるが、この力を込める行為によって下顎の発達も促されるというのだ。

つまり、大柄で一流のスポーツ選手というのは必然的にしゃくれになりやすいということである。前述の篠原信一氏や鹿島アントラーズゴールキーパーの曽ヶ端準氏らもその最たる例といえるだろう。

逆にいえば、しゃくれであることこそが一流の証なのかもしれない。